読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一つの道

選択の連続・・・もう一つの道を選び直してみたら・・・

自分を観る

依然

 

他人の事を

卑下し

罵倒し

自分とは相容れない存在かの如く遠ざけている

 

そこに

 

自己を否定している現実を見ている

 

 

確かに

その現実には

隠している自分がいるようだ

 

 

さて

じっくりと検めてみましょうか